Cube社 製品概要
試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

PureCube Rho1D4タグ用磁気ビーズ


Rho1D4精製システムはタンパク質に付加されたRho1D4エピトープに対するRho1D4の非常に特異的な結合を利用しています。PureCube Rho1D4 磁気ビーズはRho1D4抗体を結合したアガロースでフェリ磁性物質をコートした構成となっております。このシステムは稀薄なサンプルやプルダウン実験等に有益です。

  • 膜タンパク質に特に適した精製方法
  • 1mLあたり3mgまでのタンパク質を結合可能
  • プライマーのデザインから精製までワークフロー全体にわたるプロトコルもご提供可能
  • 溶出用ペプチドやマッチド抗体もご提供可能

 (注)PureCube Rho1D4磁気ビーズは微生物の発生を防ぐために20%エタノールを含有した5%サスペンジョンでお届けします。

より高い発現レベルや精製スケールの場合には PureCube Rho1D4アガロース をご使用になることをお勧めします。実験室レベルと生産スケールでの磁気ビーズを使用した分離の結果に一貫性を持たせるため、Cube社ではSepmag均一バイオ磁気分離システムを推奨しております。磁気ビーズのバルク量での供給に関しましてはお問い合わせ下さい。


Rho1D4ペプチド


溶離バッファー中にRho1D4ペプチドを混合することにより、ペプチドがアフィニティレジンに競合的に結合し、タグ付きタンパク質を温和な条件(例えばpH変化等)で溶離することが可能になります。 Cube社ではPureCube Rho1D4磁気ビーズを用いてテストし、使用しやすいように分注したRho1D4ペプチドを提供しております。ペプチドは単体でも、標準セットとして、PureCube Rho1D4磁気ビーズとともに購入することもいずれも可能です。


Rho1D4抗体


Cube社ではPureCube Rho1D4磁気ビーズの原料として使用されている抗体を個別にも提供しております。抗体はウェスタンブロットやELISAでRhoタグタンパク質を検出するためにご使用頂けます。


Rho1D4タグ用磁気ビーズのリスト

カタログ番号 製品名と内容
Rho1D4タグ用磁気ビーズ
33201 PureCube Rho1D4 MagBeads (1 mL)
5% suspension
33205 PureCube Rho1D4 MagBeads (5 mL)
5% suspension
33225 PureCube Rho1D4 MagBeads (25 mL)
5% suspension
Rho1D4ペプチド
16201 Rho1D4 peptide (5 mg)
sufficient for 1 mL PureCube Rho1D4 Agarose or MagBeads
16203 Rho1D4 peptide (25 mg)
sufficient for 5 mL PureCube Rho1D4 Agarose or MagBeads
磁気ビーズ & ペプチドセット
33299 Rho Starter Set 2
PureCube Rho1D4 MagBeads (1 mL) and Rho1D4 peptide (5 mg)
Rho1D4抗体
40020 Rho1D4 Antibody (200 μg)
50 μL at 4 mg/mL

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら