ランタノイドキレート製品&サービス
試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

TRF-qFM アッセイキット

TRF-qFM は均一系の高感度単一ラベルアッセイです。このアッセイではユーロピウムキレートでラベルされたリガンドのみが必要とされます。可溶性の消光剤はキレートの蛍光に影響を及ぼし、遊離のラベル済みリガンドからの蛍光を選択的に消光します。これにより、遊離のリガンドの存在下でも複合体の形成を検出、モニターすることが可能です。


カタログ番号 商品名 価 格
Q10000 TRF-qFM assay β2-adreno receptor お問い合わせください
Q20000 TRF-qFM assay, Estradiol immunoassay お問い合わせください
Q30000 TRF-qFM assay, GTP binding assay お問い合わせください
Q40000 TRF-qFM assay, GTP assay: Agonist stimulation
of 2-adreno-receptor
お問い合わせください
Q50000 TRF-qFM assay, Estrogen receptor-ligand binding お問い合わせください
Q60000 TRF-qFM assay, Cyclic AMP assay お問い合わせください
Q70000 TRF-qFM assay, Endogenous alpha receptor-ligand お問い合わせください
Q80000 TRF-qFM assay, Delta opiate receptor ligand assay お問い合わせください
Q90000 TRF-qFM assay, GTPase (small) GDP-GTP exchange お問い合わせください
QCA00 TRF-qFM Custom assay development お問い合わせください

利用例

GTP-binding assay

アゴニストの添加により、レセプターの活性化、Gタンパク質の結合を経てEuラベルGTPが複合体に結合します。消光剤の添加により、結合しているEuラベルGTPは消光剤の影響を受けず蛍光を発しますが、結合していないEuラベルGTPは消光されます。
このことを利用すると、消光剤添加後の蛍光を観測することで添加した化合物のアゴニストとしての作用を判定することができます。

アゴニスト

非アゴニスト

β2-ARアッセイ

β2-ARに対するリガンドをEuでラベルして添加することにより、初期状態では消光剤を加えても消光されることがなく、蛍光が観測されます。 化合物がレセプターとの結合活性を持つ場合、ラベル試薬はこの化合物と置換され、消光剤により消光されますが、活性を持たない場合傾向が観測されます。


化合物添加

化合物の結合活性あり

化合物の結合活性なし

カスタムTRF-qFM アッセイ開発

お客様のご要望に合わせて、カスタムでTRF-qFM アッセイキットを開発することも可能です。

※詳しくはお問い合わせください

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら