試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

脂質誘導体


脂質修飾タンパク質の多くは細胞情報伝達をはじめとする多くの細胞の機能発現過程において重要な役割を担っていることが知られており、またいくつかのタンパク質の発がん活性に脂質修飾が必須であることが明らかになるなど、脂質修飾の重要性は近年特に着目されています。Iris Biotechでは脂質修飾の研究に有用なクリック反応用脂質誘導体を提供しております。

    カタログ番号 内容量

RL-2055 Alkyne-myristic acid

13-Tetradecynoic acid
CAS-NO: 82909-47-5
FORMULA: C14H24O2
MOLECULAR WEIGHT: 224.34 g/mole

RL-2055.0100
RL-2055.0500
RL-2055.1000
100 mg
500 mg
1 g

RL-2060 Alkyne-palmitic acid

15-Hexadecynoic acid
CAS-NO: 99208-90-9
FORMULA: C16H28O2
MOLECULAR WEIGHT: 252.39 g/mole

RL-2060.0100
RL-2060.0500
RL-2060.1000
100 mg
500 mg
1 g

RL-2065 Alkyne-stearic acid

17-Octadecynoic acid
CAS-NO: 34450-18-5
FORMULA: C18H32O2
MOLECULAR WEIGHT: 280.45 g/mole

RL-2065.0100
RL-2065.0500
RL-2065.1000
100 mg
500 mg
1 g

上記リストに掲載されている化合物以外にも、クリック反応用脂質誘導体のカスタム合成も承ります。
詳しくこちら

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら