試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

光架橋リンカー


ペルフルオロアジドによる新規光アフィニティラベル法および架橋形成

アリールアジドはナイトレンのよく知られた前駆体であり、受容体を研究するための幅広い用途を持つ光アフィニティラベリング剤としてFleetらによって報告されました。光分解されるとN2が遊離され、非常に不安定な一重項フェニルナイトレンがin situで形成されます。多様な反応を介して隣接する分子と反応しますが、同時に環拡大反応や同一分子間の結合反応等も生じます。これに対しペルフルオロフェニルアジドは、高収率で隣接基との挿入反応および付加反応を行う非常に安定なナイトレン中間体を形成します。このタイプの化合物は、エストロゲン受容体研究や炭素系ポリマー、有機系ポリマーの表面コーティングのために光架橋剤(λmax=258nm)として使用されています。これらの化合物は、従来のクリックケミストリー用試薬として、低分子化合物や生体分子の結合のための光活性化リンカー、さらには表面修飾のための反応基導入およびナノマテリアル合成のために使用することが可能であり、応用分野はかなり幅広いものとなります。

参考文献

Affinity of Antibodies with Aryl Nitrenes as Reactive Group; G.W.J. Fleet, R.R. Porter, J.R. Knowles; Nature 1969; 224: 511-512.
Perfluorophenyl Azides: New Applications in Surface Functionalization and Nanomaterial Synthesis; Li-Hong L iu, Mingdi Yan; Accounts of Chemical Research 2011; 43(11): 1434-1443. DOI 10.1021/ar100066t.

RL-2035 N3-TFBA

    カタログ番号 内容量

4-Azido-2,3,5,6-tetrafluorobenzoic acid
CAS-NO: 122590-77-6
FORMULA: C7HF4N3O2
MOLECULAR WEIGHT: 235,1 g/mole

RL-2035.0001
RL-2035.0005
1 g
5 g

RL-2045 N3-TFBA-NHS

    カタログ番号 内容量

N-Succinimidyl 4-azido-2,3,5,6-tetrafluorobenzoate
CAS-NO: 126695-58-7
FORMULA: C11H4F4N4O4
MOLECULAR WEIGHT: 332,17 g/mole

RL-2045.0500
RL-2045.1000
RL-2045.5000
500 mg
1 g
5 g

PEG5000 N3-TFBA-O2Oc

    カタログ番号 内容量

{2-[2-(4-Azido-2,3,5,6-tetrafluorobenzoyl-amino)ethoxy]ethoxy}
acetic acid
FORMULA: C13H12F4O5
MOLECULAR WEIGHT: 380,25 g/mole

PEG5000.0250
PEG5000.1000
PEG5000.5000
250 mg
1 g
5 g

上記以外にもカスタムで様々なペルフルオロフェニルアジド誘導体の合成を承ります。詳しくはこちら

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら