試薬および製造原料の輸入販売 シングルセル解析

スペルミンおよびポリアミン誘導体


ポリアミンが化学分解および酵素分解に対して核酸を安定化することや二次構造および三次構造の形成を促進すること、さらには細胞への取り込みを促進しすることが知られています。

Andrew J. Marsh, David M. Williams and Jane A. Grasby; Or-Biomolecular Chemistry 2004; 2: 2103 ‒ 2112.ganic &

スペルミンはグアノシンおよび8-オキソグアノシンの酸化損傷に関与し、デオキシリボシル尿素の形成を引き起こします。

M.E. Hosford, J.G. Muller, C.J. Burrows; J. Am. Chem. Soc. 2004; 126:9540-9541.

DNA四重鎖[d(G3T4G3)]2に結合する低分子化合物が知られており、またスペルミンは折り畳まれたDNA四重鎖に対し、直鎖状四重鎖や二重鎖より高い親和性を示します。

M. A. Keniry; Quadruplex structures in nucleic acids. Biopolymers2001; 56: 123-146.

フーリエ変換赤外分光およびキャピラリー電気泳動によって研究された、生体由来ポリアミンおよびコバルト(III)ヘキサミンとDNAとの相互作用に関する構造生物学的な分析の結果も得られています。ポリアミン(プトレシンおよびスペルミジン等)は多様な生物学的プロセスに関与します。生体由来ポリアミンはDNAおよびRNAに結合し遺伝子の発現制御において重要な役割を果たすことや、DNAの凝縮および凝集を引き起こし、DNAの立体構造変化を誘導することも知られています。

Amin Ahmed Ouameur and Heidar-Ali Tajmir-Riahi; J. Biol. Chem.2004; 279(40): 42041-42054.

SNN1170 Spermine(HHHN3)*3HCl

    カタログ番号 内容量

N1-(3-Aminopropyl)-N4-(3-azidopropyl)butane-1,4-diaminetrihydrochloride
CAS-NO: 1190203-77-0net
FORMULA: C10H24N6 *3HCl
MOLECULAR WEIGHT: 228,34*109,38 g/mole

SNN1170.0250
SNN1170.1000
SNN1170.5000
250 mg
1 g
5 g

SNN1180 Spermine(N3BBPalm)

    カタログ番号 内容量

N1-Azido-N2,N3-bis-(t-butyloxycarbonyl)-N4-palmitoyl-
1,5,10,14-tetraaza-quatrodecan
FORMULA: C36H70N6O5
MOLECULAR WEIGHT: 666,98 g/mole

SNN1180.0100
SNN1180.0500
SNN1180.1000
100 mg
500 mg
1 g

上記リストにないクリック反応用ポリアミン誘導体に関してもカスタム合成を承ります。詳しくはこちら

ジアミンやポリアミン一般に関してはこちら

このページのトップへ
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください 受託開発サービスはこちら TEL:03-6277-3233 FAX:03-6277-3265 メールでのお問い合わせ:customer@bizcomjapan.co.jp

バイオ関連の受託開発サービス・試薬の輸入販売ならビジコムジャパンにお問い合わせください。お客様の用途やご要望に沿ったサービス、各種試薬・製造原料の販売をいたします。

ビジコムジャパンへのお問い合わせはこちら